上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Q.E.D.-証明終了-」講談社漫画賞(少年部門)受賞
 おめでとうございます! というか、ミステリ関係以外では、まだこういうの関係なしでしたっけ?
 隔月刊漫画誌連載作品の、最長連載&最高部数記録を達成された時にでも、こういう機会はあってもよかった気がしたんですが。
 まあ、これまでは無理だってのも仕方のないことで。

 その時のもの ↓
Q.E.D.-証明終了- 19 (19) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.-証明終了- 19 (19) (月刊マガジンコミックス)
(2004/10/15)
加藤 元浩

商品詳細を見る

 今年はNHKのドラマになったから、ということでしょうか。
 実際、うちに遊びに来た親戚は、今まで見向きもしなかったのに、突然読み散らかしていったし。
 以前よりは広く周知されたっていうのは、確実でしょう。・・・自分は、ドラマは原作とは別物だと思っていましたがね。

 親戚が帰った後、書棚を整理していて気付いたんですが。
 帯の背に、「知性への挑戦状」という言葉が、3回も出てくる!
 うちにある1・2・4巻には帯がないので、それだけなのかは分かりませんけどね。

 6月に出る新刊の33巻には、受賞の文字が躍る帯が付くんでしょう。
 ・・・「C.M.B.森羅博物館の事件目録」11巻も同時に出るので、多分そっちにも。
 (6月17日発売予定)


 今更なんですけどねえ。
 でも自分、とても好きなのでやっぱり書いておこうかと。
 同じ原作者の「ロケットマン」も好きなんです。最近文庫化されました。
ロケットマン 1 (1) (講談社漫画文庫 か 14-1)ロケットマン 1 (1) (講談社漫画文庫 か 14-1)
(2009/02)
加藤 元浩

商品詳細を見る
 文庫版は全5巻、単行本は全10巻

 ミステリ、冒険、宇宙、ロケット、論理、理系、サスペンス・・・こういうキーワードに引っかかる方なら、読まれても損はないかと。
 最近はなかなかこういう話は見かけませんので。


 最長連載&最高部数記録を達成された時は、これ ↓ が出ただけだったのか。
Q.E.D.-証明終了-ザ・トリック・ノート (KCデラックス)Q.E.D.-証明終了-ザ・トリック・ノート (KCデラックス)
(2004/10/15)
不明

商品詳細を見る


 ドラマの時はこれ ↓ も出ました。
Q.E.D.-証明終了-ザ・トリック・ファイル (KCデラックス)Q.E.D.-証明終了-ザ・トリック・ファイル (KCデラックス)
(2009/01/16)
加藤 元浩月刊少年マガジン編集部

商品詳細を見る

 ごめん、まだ見せてなかった>Yさん
 ドラマ化記念の短編あり。
 偶然二人とも見ていたNスペの、”ポアンカレ予想” ネタの話、あれについても出てきます。


関連記事
スポンサーサイト

【2009/05/17 15:44】  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  TOP↑  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:  編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。