上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今更ですみません。
 NHKでアニメ放送中の「グイン・サーガ」の原作者である、栗本薫さんの訃報がありました。
 5/26没。享年56歳。死因は膵臓ガンだそうで。
 ご冥福をお祈りいたします。

 自分の従兄弟が同じ膵臓ガンで、もっと若い歳で亡くなっていまして。
 膵臓ガンは怖いという印象があるので・・・

 自分、特に栗本薫さんのファンというわけではないんですが。
 「グイン・サーガ」はしばらく読んでいました。
 病気したときに、長いのはまとめて切ったので、100巻まですら到達できていませんが。

 これの予約って、アニメ化時頃に開始だったと思いますが、まるで手向けのようになってしまいました。
 巨大豪華限定本、内容は第1巻~第100巻まで。
GUIN SAGAGUIN SAGA
(2009/07/25)
栗本 薫

商品詳細を見る

 文庫本は、当初のと、アニメ化時のと2種類。
豹頭の仮面―グイン・サーガ(1)豹頭の仮面―グイン・サーガ(1)
(1983/01)
栗本 薫

商品詳細を見る

グイン・サーガ 1 豹頭グイン・サーガ 1 豹頭
(2009/03/06)
栗本 薫

商品詳細を見る

 コミック化もされているんですか。
グイン・サーガ 1 (CR COMICS)グイン・サーガ 1 (CR COMICS)
(2007/01/26)
栗本 薫沢田 一

商品詳細を見る


 「グイン・サーガ」は未完で終わるのだろうか・・・と思ったので、他のと比較。
 前に他の作品で一部記事書いているので、物は重複します。以下は続きにて。


前史を描くパターン
 銀河乞食軍団 黎明篇1 「〈蒼橋〉義勇軍、出撃!」 (著:鷹見一幸 早川書房 714円)
 6月25日発売予定

 もともとの著者である野田昌宏さんは昨年他界されました。
 ・・・でも4年ほど前から、鷹見一幸さんのところに話が来ていたそうで(著者の日記による)

 続きじゃなくて、前史を書かれるということで。
 銀河乞食軍団の設立の顛末を描く、新シリーズだそうです。
 「野田節」と呼ばれる、あの独特の文体はどうなるんだろう・・・そこまで期待できないんで、あの世界が描かれていればいいと思いますが。

 初刊と復刊で2種類あると思われます。 ↓
  銀河乞食軍団 1 (ハヤカワ文庫 JA 153)
  銀河乞食軍団〈1〉謎の故郷消失事件 (1982年) (ハヤカワ文庫―JA)
 でも、総集篇が出ます。6月刊行予定に入っていた。
  「発動! タンポポ村救出作戦」 銀河乞食軍団正篇1 総集篇1 (著:野田昌宏  早川書房 2,520円)


続きを描くパターン
 「時の車輪」シリーズ(著:ロバート・ジョーダン 2006年没)
 遺族により指名を受けた作家が、残された最終巻を執筆。
竜王伝説〈1〉妖獣あらわる!―時の車輪 (ハヤカワ文庫FT)竜王伝説〈1〉妖獣あらわる!―時の車輪 (ハヤカワ文庫FT)
(1997/11)
ロバート ジョーダン

商品詳細を見る
 日本語訳は、ペーパーバック1巻につき文庫本5~7冊くらいかけているようなので、どこまであるか分かりません・・・(これもグインと同じく切ったため)

 編集者でもある未亡人の指名により、未刊となっている第12部を、ブランドン・サンダースンが現在執筆中だそうです。
 最新刊 ↓
ミストボーン―霧の落とし子〈1〉灰色の帝国 (ハヤカワ文庫FT)ミストボーン―霧の落とし子〈1〉灰色の帝国 (ハヤカワ文庫FT)
(2009/05/05)
ブランドン サンダースン

商品詳細を見る


 この、誰かが続きを書くっていうのは、前のイメージを求める人にとっては怖い物があるかも。
 重要人物だと思っていた者が、あっさり退場させられてしまうことも。

 「暗殺者」(著:ロバート・ラドラム 2001年没)
 映画化もされた、「ボーン」シリーズです。
  暗殺者 (上) (新潮文庫)

 昨年出た、エリック・ヴァン ラストベーダーの手による物は、「暗殺者」好きだった自分には、ちょっとショックな代物で。
ボーン・レガシー〈上〉 (ゴマ文庫)ボーン・レガシー〈上〉 (ゴマ文庫)
(2008/12/02)
エリック・ヴァン ラストベーダーロバート ラドラム

商品詳細を見る


グイン・サーガはどうなるのか?
 夫である、今岡清さんのお眼鏡にかなえば、誰か別の方が、っていうこともあるかもしれませんが。
 もともと編集者だし、そもそも栗本薫さんに「グイン・サーガ」書かせた方であったような。

 でも、初期の頃ならともかく後期のグインで引き続き書く、っていうのは、普通はきついような気が。
 世界だけ同じで別の話を書く、って方が、できそうな気はしますが。


<蛇足>
 先日、特急の中で隣の席に座った方が、前出のロバート・ジョーダンの「The Eye of the World」を読んでいた(「時の車輪」シリーズの第1巻)。
 今頃読んでいるということは、フランス語圏等の方かもしれない、と思いましたが。
 先は長いぞ、がんばれよ~、と密かに応援してみた。

関連記事
スポンサーサイト

【2009/05/29 21:58】  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  TOP↑  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:  編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。