上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 LaLaスペはアニメ化大感謝、あやかし祭といった感じでしたが、こちらはアニメ踏まえたうえでの話でした。
 今度は人間側、学校が舞台のお話。

 学校の文化祭を目前に控えた夏目を狙うあやかしが現れ・・・
 ニャンコ先生は、前の事件で受けた、あやかし祓いの傷が元で癒し中。寝てばかり。
 そのため、用心棒は期待できず。
 夏目はこの危機を乗り越えられるのか?

 続きはネタバレありです。
 でも感想を書こうとするたび泣けそうになるので、果たしてうまく書けてるかどうか・・・

LaLa (ララ) 2009年 01月号 [雑誌]LaLa (ララ) 2009年 01月号 [雑誌]
(2008/11/22)
不明

商品詳細を見る

 
 ニャンコ先生、怪我のせいで結界がザルになってます。
 おかげで、ヒノエやチョビや中級妖怪たちが好き勝手に夏目の部屋に出入りして、宴会し放題。
 でも、ヒノエがあやかしについて、いろいろ調べてくれます。

 西村と北本はアニメ化の恩恵なのか、大躍進。
 冒頭では、川に落ちた夏目を躊躇なく助けに入るし。
 夏目は西村に、バザーでの売り子を、嫌なら「おれが代わってやる」と言われて、泣きたくなるほど幸せ感じて。

 回想で出てくる、自転車練習のエピソードがまたいいです!
 「後ろ押さえてくれる人がいないと乗れない」という夏目のため、3人で練習するんですが。
 夏目が本当に楽しそうに笑っているんだよね。ウソじゃない笑顔。

 夏目の大切な物が、また一つ増えていく。


 これって、アニメの最終回にして欲しいくらい、いい話!なんだけどな-。
 秋の話だもんなー。
 今度のアニメ2期は冬から春への移り変わりを描くだろうから、絶対無理なんだ。

 夏目は学校にはあやかし関係持ち込みたくなくて、これまで必然的に学校以外の話になっていたので、学校生活が描かれるのがすごく新鮮。
 ニャンコ先生がいいとこ持ってくけど、「西村、北本、両名大感謝!」な話です。

 「はじめての文化祭」と夏目が言っているので、ひょっとしたら高校1年の時は経験していないんじゃないかと(夏目は高2だと勝手に設定)。
 転校前の学校はもっと後にやる予定で、転校後の学校はもうすでに終わっていた、とか。
 「ちゃんと参加するの初めて」ってのは、準備だけならやった、とか。

 田沼とタキは初対面で。夏目に紹介されて、ギクシャクしてるのが初々しいやら、いじらしいやら(→でも急速に進展中)。
 タキがすごく男前です!  セリフとか、男装姿とか。
 夏目は普段意識しないけど、美形設定に拍車がかかって七三分け! ベストにエプロン!
 ・・・美人だけど、タキみたいに「男前」と思わないのはナゼ?


 LaLa2月号(12/24発売)は第2回ニャンコ祭り!
 付録は黒ニャンコ癒しストラップに、応募者全員サービスはニャンコ先生ボイス貯金箱!
 ・・・また踊らされてしまう自分がいるよ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:  編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。