上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 自分には何かが足りない、何かをやりたいのにそれがわからない、と感じている少年と、違う世界へ行きたかったと願い、女優を目指す少女。
 この世界は生きにくいと思う二人が同じ高校で出会ったのは運命のいたずらか、それとも<螺旋>が繋ぐ宿命か。
 二人が失っている幼い頃の記憶は、同じ異世界のものなのか?

 4000年ぶりに地球に現れた徴税艦隊の黒き悪魔、巨大な守護機が、少女のデビュー舞台を襲う。
 少女を連れ去ろうとする徴税軍の騎士に、少年は立ち向かえるのか?

イグドラジル―界梯樹― (GA文庫)イグドラジル―界梯樹― (GA文庫)
(2008/12/15)
水月 郁見

商品詳細を見る

 著者が書こうとしたのは、二人が出会ってから仲良くなっていく、恋愛物語らしいですよ。
 たとえ巨大ロボみたいな守護機や、F14J(!)や、できたばかりの国連海軍とか出てきたって。

 
 このタイトルを見て、あれっと思った方。そうです、他社で展開中の「護樹騎士団物語」につながるストーリーですよ。
 でも、それを知らずに読んだ方は幸運です。主人公と一緒に、界梯樹の世界を知っていく追体験ができるわけですから。
 既に読んでる方には地獄。謎地獄です。知ってる名前や、初めての単語に??・・・
 アンピックって、<紅い螺旋>って、ビル・アケムって~!?
 過去なのか、未来なのかもわかりません。

 「護樹騎士団」のように、じっくり書き込まれていて読み応えがあります。
 ・・・同様にそれだけ、話が進まないってことでもありますが。
 早く航次元守護機イグドラジルを出してください。そして主人公にもそれらしいことをさせてやって。

 でもこの話には猫が出てこない。・・・有機体プローブ付いてないの?
 教えてくれる存在がいない分、こっちの主人公の方が悲惨度高そうだ。

界梯樹の世界の別の話↓
護樹騎士団物語 螺旋の騎士よ起て!    トクマ・ノベルズ護樹騎士団物語 螺旋の騎士よ起て! トクマ・ノベルズ
(2005/04/16)
水月 郁見

商品詳細を見る
既刊9巻。長い話が好きな人におすすめ。

関連記事
スポンサーサイト

【2008/12/13 20:28】  |   |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  TOP↑  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:  編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。