上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 あまりジャンル分けしても意味がないと思いますけどね。
 一応説明まで。

 アニメを見て「少女マンガが原作だとは思わなかった」、という話をよく見かけますが、少女マンガです(原作の絵を見てそう思わなかったとしても)。
 人と人、人とあやかしの心の交流を描いた、ハートウォーミングな話ですよ。
 少年マンガだと、「友人帳」を使ったバトルものになるし、青年マンガだと人間の欲とか業とか、ドロドロした闇を描く話になってしまうだろう(<間違いあり)。

 でも、アニメ化前からもともと男性の支持率が高い作品だとは思ってました。
 第2巻発行時(06年8月)の京都のサイン会に行きましたが、自分の並んでたあたりは5人に1人くらいは男性で、これなら恥ずかしくないやと思ったものでした。

 原作者の絵が華やかな少女マンガの絵じゃないので、男性が見てもOKなんでしょうか。
 出版社がもともと、男性読者多そうな感じですしね。
 週刊SPAに第6巻の書評が載ったときは、あれれれと思いました。

 老若男女を問わず、誰が見てもおもしろい話、感動できる話、っていうことでどうでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

【2008/10/12 20:59】  |  Introduction  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  TOP↑  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:  編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。