上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 半年間続いてきたこの物語も、ついに最終回。
 黄巾賊の抗争事件にも終止符が打たれ。
 しかしそれでも、池袋の街の日常は続いていく――

強い決意を持ち廃工場に独り乗り込んだ正臣だったが、彼はそこで予期せぬ人物と出会った。
ついに相対した正臣、帝人、杏里。
お互いに言えぬ想いを抱えたまま、三人が見つけた答えとは。
そして、池袋の住人多くを巻き込んだ抗争が見せた結末とは――。


 あらすじは公式サイトより → TVアニメーション「デュラララ!!」
 岸谷新羅の四字熟語講座 もここにあります → #24 「則天去私(そくてんきょし)」
 最終回にしてようやくチャットらしくなったなあ → 公式サイトのチャット


 このところ、ネタバレ感想なしで書いてきましたが。
 最終回なので、どうしてもネタバレ入ります。いつもより長くなりましたし。
 すみませんが、最後なのでご了承ください。

 アニメ化されたのはここ ↓ まで
デュラララ!!×3 (電撃文庫)デュラララ!!×3 (電撃文庫)
(2006/08)
成田 良悟

商品詳細を見る


デュラララ!!13【完全生産限定版】 [DVD]デュラララ!!13【完全生産限定版】 [DVD]
(2011/02/23)
不明

商品詳細を見る
 番外編 第25話 (DVD限定エピソード)収録



 
ナレーションは帝人
 最後の締めは、やはりこの人。
 思えば、第1話のチャットで思い切りハードルを上げていた気が・・・。
 それぞれ別の方が読んでいるんだろう、という感想もあったし (ホントは全部1人で)。
 ナレーションのセリフも、第1話とつながっていて綺麗なリンクだった。


門田の登場がカッコイイ
 高校生組の危機に立ちあがるドタチンなんだが。
 いろいろ動きがついてて、決めポーズをとるんじゃないかと思うくらいカッコよく描かれてたようで。
 ダラーズについても、初めからそういうものなのに今さら消えようがない、ということでフォローしてくれるし。
 やっぱドタチン、いい兄貴分ですな。

 ・・・第23話でもちゃんと描かれていたとか。
 探したけど見つからなかったので、いないのかと思ってた。
 自分の目は節穴だった・・・再度見てみるか。


帝人、正臣、杏里の心が通じる時
 3人とも、事情を言わなくてもそれぞれわかりあえた、という状況になって、最終回らしくなったような。

 ただ、あくまで本人の口から言わせていないので。
 第23話で、帝人がセルティから話を聞いている場面もうまくカットしてあるので、帝人が何を聞いたかは明確にされていないと思うんだよね。
 裏が取れていない伝聞なんて、情報じゃなくて噂のレベル。

 ・・・ということで、この辺は原作と矛盾しないようにうまくできていると思う。
 3人が揃ったところで本人の口から直接事情を聞く、という目的はちゃんと残されたと。


法螺田にとうとう最期が
 小物臭ただよう絶妙の演技だった法螺田もついに!
 最初はセルティのバイクに追っかけられていたのに、待ちかまえていたのは静雄。
 シズちゃん、前よりパワーアップしてないかい?
 標識が更に大きいものに・・・それでバッティングやら槍投げやら。

 それでもまだ逃げるところが、往生際が悪くて法螺田さんらしい。
 セルティに追われていると思って、バイクに幅寄せしたら・・・
 地獄の交機、葛原金之助だったとは!
 ・・・手を合わせてしまうセルティが、ホントいいなあ。  


黄巾賊騒動の裏側では
 その夜新宿で、臨也と妖刀罪歌が対決。
 黒幕が誰かを知ったら、絶対臨也は放っておけないと思うだろう。
 その辺も計算の上で、罪歌に宣戦布告とか。

 ただ、臨也も伊達にシズちゃんと渡り合えるわけじゃないんだなあ・・・
 まともにぶつかったら、勝てる相手じゃないんだよ。


サイモン、いいところに来てくれた
 ということで、臨也に不意打ちをかけたサイモン、いい仕事をした!
 いきなり飛んできたパンチで臨也は吹っ飛ばされ、「LOVE」 のモニュメントに激突。
 監督は、「ここしかないと思ってた」 と書いておられたけど (Twitter)、ホントに場所の選定が素晴らしい!

 臨也は、本当は自分が構って欲しいのに構ってもらえない、なのでちょっかい出す、っていう子供の発想そのまんまなんで。
 大人組がきっちり矯正してやらんといかんよな。
 しかしサイモンは、ロシア語だとホント渋いね。

 原作既読だと、ここのシーンは非常に待望していたところで。
 臨也がきれいに吹っ飛ばされて、パンダ目になってて、とてもスッキリした~
 こういう仕打ちがよく似合うのが、臨也のいいところ (キャラ配置的にってことで)。


入院した正臣は
 沙樹にあの日の真実を告げられるが、エスパーだから知ってるよと軽くかわして。
 この騒動で一皮むけて、いい男になれてよかった。
 沙樹の本当の気持ちに正面から応えられる、そんな男に。

 そして、2人は姿を消す。学校に退学届を出して・・・


池袋の街はまた、いつもどおり
 3人組だったのが、帝人と杏里の2人になってしまっただけで、他の人たちはいつものように。
 ・・・って、セルティ&新羅はセルティが挑発とか、更に進化してるじゃないか。

 「一つわかったことがある
 ダラーズは街だ
 いろいろな人がやって来ては去ってゆく
 一つの色に染まらず いつも何かが起こっている

 誰かと誰かが憎しみ合い 愛し合い
 友情を育て すれ違っている

 人がいる限り街が存在し続けるように
 ダラーズもまた 存在し続けるんだ
 誰かの意志とは 無関係に」


 そして、ダラーズサイトも復活!
 ドタチンのような人がいる限り、消えることはないんだろう。
 ・・・ダラーズが消えてしまったら原作と矛盾するので、復活して安心した。

 ナレーションの言葉 (青字) を借りれば。
 「ダラーズ」 が 「デュラララ!!」 に置き換わっても問題ないような。
 いろいろな人物が現れては、それぞれの物語を展開してくれたと思う。


消えてしまった日常も、またいずれ
 いつものチャットに現れた新人の文章に、正臣の特徴を見つける帝人。
 内緒モードで、「何か答えて」 との訴えに、返ってきた答えが・・・
 「√3点」 !
 これが出てきてよかった~

 前の話数で描かれてたので、ちゃんと出てくるだろうとは思ってたけど。
 (正臣の特徴 「、」 で終わるチャットは第18話、「√3点」 は第14・15話)
 忘れられてないかが心配だった・・・

 現実からは去ってしまった親友でも、ネットの中ではつながることができる。
 今は離れてしまっても、いずれ戻ってくると信じていられる。
 ・・・未来への余韻を残した、いい終わり方だったと思う。


ED
 2クール目入ってから心配だったのが、最終回のラストに 「Butterfly」 は合わないんじゃないかと。
 そうしたら、ラストの雰囲気に合わせて、穏やかなBGMを持ってきてくれた!
 池袋の街の、日常の情景に良く似合う曲。

 ED映像も、映画のエンディングを思わせる作り方で、ホントに合っていたと思うし。
 終わった後、心地よい余韻に浸ることができたなあ。




 以下は番外です。


DVD特典のオリジナル回
 完全生産限定版、通常版共通の仕様として、DVD限定エピソード (番外編) が付くそうですね。
 ・第7巻に、第12.5話
 ・第13巻に、第25話

 第12.5話は、ダラーズ編と妖刀編の間の、半年間にあった出来事を
 第25話は、アニメ本編終了後の、後日談を

 両方とも、原作者の案を元にして作られた話だそうです。
 2クール目のOPに出ていながら本編に出てこなかった幽は、きっと25話で出てくるんだと思います。
 そのためのOPなんじゃないかと。
 ・・・これで出なかったら、反乱が―


10/24イベント決定
 詳細はこちら → 公式サイト
 イベント自体は、DVDの販促になるので不思議じゃないですが。
 きっとDVDの特典映像に入るんでしょう。
 前にやったのも、入るそうですし。


2期期待!
 そもそもデュラアニメ化の企画が始まった頃は、「Baccano!」 アニメ (2007放送) が終了した後とかで、当時は原作は3巻までしか出ていなかった頃だよね。
 なので、2期を想定して作られたとは考えられないのですが。

 ・・・アニメがここまで好評になった今では、2期の企画始まってもおかしくないと思うんだけど。
 終わり方も、原作と矛盾しない作りになっているし。
 ただ、通常は企画開始から1年半くらいかかるらしいし。
 原作も、3巻のような切りのいい終わり方が、あまりないような・・・

 個人的には、4巻が連作短編的に綺麗にまとまっててよかったと思うので、4巻を1クールで、でもいいです。
 
 ・・・今年はもう無理ですけどね。
 (ノイタミナ、大森監督×ブレインズ・ベースで 「海月姫」 を10月から放送開始 → 詳細はこちら
 来年も、1本はすでに違うのが決まっている?と思われるし。




 ということで、半年間楽しませていただきました。
 原作を活かして膨らませて大事に作ってあって、既読の自分も納得の出来でした。
 入院中も気になって、これだけは見ましたよ (外出許可もらって録画予約したり)。
 途中で仕事変わって大変になって、まともな感想が書けなかったのが残念です。


 スタッフ、関係者、原作者の皆様、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
 まだ番外編2話残っていると思いますが、楽しみにしています。
 TBやコメントでお世話になった方々にも、本当に感謝いたします。
 こんな文章でも読んでくださった皆様、半年間どうもありがとうございました。



関連記事
スポンサーサイト
  【タグ】 デュラララ!!  

【2010/06/27 18:54】  |  デュラララ!!  |  TB(6)  |  CM(2)  |  EDIT  |  TOP↑  
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
宵待月さんこんばんは!
半年間続いたデュラも終わってしまいましたね~
いろんな伏線残ってるし、出番の少なかったキャラもいるので是非二期を作ってもらいたいです♪

それにしても最後までドタチンはホントかっこよかったですね!
黄巾賊に潜んでてという立ち回りもうまいし、ホントチームリーダーになれる素質があるんだろうなぁと…
本人は目立つの好きそうじゃないから遠慮しそうですが(ぁ
個人的には帝人が解散宣言した意味があんまりなかったのが残念ですけど…(苦笑)

>3人が揃ったところで本人の口から直接事情を聞く、という目的はちゃんと残されたと。
やっぱりちゃんと話をして向き合わないといけないですよね…
紀田君とは暫くお別れ状態ですけど、帝人も杏里もとりあえずは納得できたのかな?
いつか三人が笑って再会できるといいなぁと思います
…って最新刊読んでるとそれどころじゃなさそうなんですが(汗)
セルティや新羅、ドタチン達が帝人達三人を支えてくれたおかげで何とかバラバラにならずにすんだかなと!

>まともにぶつかったら、勝てる相手じゃないんだよ。
あはは、だからああやって挑発するようなことばっかりやってるんでしょうねw
というかシズちゃんに勝てる相手がいるのか想像できないです(笑)
予想外の展開も楽しんでる感じですし、ホント懲りない人ですよね
できるなら本当に関わりたくない…でも神谷さんの演技は本当に秀逸でした!

DVD収録話はやっぱり25話が気になります~
そこで幽@岸尾さんが出てこなかったら悲しすぎです(汗)
半年間レビューお疲れ様でした!
また何か被る作品ありましたらよろしくお願いします
暫くは夏目~関連の記事を拝見して楽しませてもらいますね♪
ではでは、お邪魔しました!
李胡 | 2010.06.27(日) 23:41 | URL | コメント編集
Re: こんばんは!
李胡様
こんばんは。コメントありがとうございます!
デュラ、とうとう終わってしまいましたね・・・

> いろんな伏線残ってるし、出番の少なかったキャラもいるので是非二期を作ってもらいたいです♪

白バイの方や白ガスマスクの方や・・・
原作だとこれからが、本当の出番のキャラが多いですからね。

> 個人的には帝人が解散宣言した意味があんまりなかったのが残念ですけど…(苦笑)

結局、原作既読組を驚かせるため、ってことだったんでしょうか?
しっかり意味を持たせてくれれば良かったんですが。
納得いかないダラーズメンバーもいるでしょうね。
・・・最終話にそこまで入れる余裕がないのは、わかりますが。

> いつか三人が笑って再会できるといいなぁと思います

ホントにそう思いますね!
確かに最新刊読むと・・・ですが。
3人一緒じゃなければ、ノーカウントで(笑)

> というかシズちゃんに勝てる相手がいるのか想像できないです(笑)

デュラの中じゃ、絶対いないだろーと思います!
それだけじゃなく、「バッカーノ!」の人相手にも勝ってるんですよね。
姑息な手を使って負けないように、ってのはできると思いますが、やっぱ勝てませんよね。

> DVD収録話はやっぱり25話が気になります~

原作4巻じゃなく番外編ですから、ホントどうなるか気になります。
個人的には、OPに幽出しといて本編出番ないってのが信じられませんので。
25話に出なかったら、OP詐欺ですね!
・・・ただ、通りすがりのモブにわざわざ配役付けた、クルマイも来そうな気がします。
時系列的には、12.5話でもいいんですが。
いやあ、待ち遠しいですね~

> 半年間レビューお疲れ様でした!

続けるのが大変でしたので、レビュアーの方々の凄さを実感しました!
自分は、本当に好きなものでないと続けられないかなあ・・・
今は脱力して、来期のことはまったく未定ですが。
・・・またどこかで被ることがありましたら、その時はよろしくお願いいたします。
本当にありがとうございました!
宵待月 | 2010.06.29(火) 20:37 | URL | コメント編集
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:  編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
24話はAパートが長くて文字ギリなので、 全体感想は後半感想記事の方にでも書かせて頂きます。 あらすじ、タイトル意味は公式HPより。 #24「則天去私」 強い決意を持ち廃工場に独り乗り込んだ正臣だったが、彼はそこで予期せぬ人物と 出会った。ついに相対した正臣、
2010/06/27(Sun) 20:11:11 |  橘の部屋
出会いと別れの街――池袋。 ダラーズもまた街のようにただそこにありつづける…。 ▼ デュラララ!! 第24話 「則天去私」 ブルースクェア...
2010/06/27(Sun) 21:37:55 |  SERA@らくblog
『強い決意を持ち廃工場に独り乗り込んだ正臣だったが、彼はそこで予期せぬ人物と出会った。 ついに相対した正臣、帝人、杏里。お互いに言え...
2010/06/27(Sun) 23:03:38 |  Spare Time
デュラララ!!ですが、竜ヶ峰帝人・紀田正臣・園原杏里の三人が集まりクライマックスを迎えます。黄巾賊の中に門田たちダラーズも混ざっています。法螺田の三日天下は呆気なく崩壊しますが、まずは正臣が怒りの鉄拳をお見舞いします。法螺田はしぶとく逃げ惑いますが、首な...
2010/06/28(Mon) 00:07:38 |  一言居士!スペードのAの放埓手記
なーんかよくわかんないまま終わっちゃったー まあ、最初から何がなにやらだったんで、内容のほうはいいんですけどね(^_^;) 前半は法螺田小者劇場 あれだけやられまくるのに時間割いてもらって…ある意味役得? 静雄だけは敵に回しちゃいけませんね 臨也への仕...
2010/06/28(Mon) 07:57:33 |  のらりんクロッキー
デュラララ!!5 【完全生産限定版】 [DVD]クチコミを見る 強い決意を持ち廃工場に独り乗り込んだ正臣だったが、彼はそこで予期せぬ人物と出会った。ついに相対した正臣、帝人、杏里。お互いに言えぬ想いを抱えたまま、三人が見つけた答えとは。そして、池袋の住人の多くを...
2010/07/01(Thu) 16:11:46 |  ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。