上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 1月3日にNHKハイビジョンで放送されました。
 ノーカット版放送シリーズの第1日目。

 うちのレコーダーはHD対応じゃないので、TVで見るしかないんですが。
 確かに画像はきれいになってましたよ(スカパーと比較してってことですけどね)。
 NHKで最初に放送された時は、リアルタイムで見ていないんです(年齢的に無理)。

 旧作なので、感想書かないかもと思いますが、第1回だけでも。
 NHKのサイトはこちら → 刑事コロンボ NHK BShi 海外ドラマ (あらすじはこちらから引用)

第3話「構想の死角」
あらすじ

 人気推理作家コンビとしての地位を確立していたジムとケン。だが、実際に執筆していたのはジムで、ケンは名ばかりの作家だった。もっとシリアスな作品を書きたいというジムとコンビを解消することになり、金に困っていたケンはジムと互いにかけあっていた生命保険金目当てにジム殺害を決意。自らが考えたトリックで、ジムに妻へうその居場所を伝える電話をかけさせ、その場で射殺。警察に死体なき現場へと向かわせる。

 スティーブン・スピルバーグが映画監督デビューするより前の作品。
 こっちの方が話題性があるから、第1回でやったんでしょうか?
 初期の作品なので、「うちのカミさん」とは言わないんですよ。
 コロンボの愛車もなんか新しいし。

 前半は死体をどう処理するのかでドキドキし。後半はコロンボがどう犯人を追いつめるのかでハラハラし。
 
第29話の「歌声の消えた海」
あらすじ

 妻が懸賞に当たり、ロスからメキシコへ向かう豪華客船の旅に出かけたコロンボ夫妻。ところが楽しむ間もなく専属バンドの歌手射殺事件が起き、コロンボはたったひとりで内密捜査を開始。現場の鏡に口紅で書かれていた「L」の文字から、被害者にしつこく言い寄っていたロイドという男に疑いがかかるが、それは被害者の愛人ダンジガーによる工作だった。コロンボは鑑識も何もない中、ダンジガーの巧妙な作戦を見抜いていく。

 全盛期の頃の作品なんでしょうね。豪華客船でロケだから。
 コロンボは「ボート」って言って、船長達に何度も「汽船(SHIP)」と訂正されてるのが笑えます。
 船上では、船長達半ズボンなんだね・・・前にも見てるはずなのに、なにげに衝撃映像。

 主眼は「コロンボが犯人を追いつめるところ」なんでしょうが、裏では「カミさんは出てくるのか」ってところですね。


 今後は毎週1話放送のようですね。次回は第4話「指輪の爪あと」。
 以降は内容にちょっとだけ触れますので、知りたくない方は続きは読まない方がよろしいかと。


 
第3話「構想の死角」
 最後は状況証拠ばかりで弱いと思ったので、被害者の奥さんを使って何か仕掛けてくるのかと思いましたが。
 結局は犯人のプライドを傷付けて、自白を引き出したという。
 ここの追い込み、もっと強いかと思ってました。初期の話だから、まだねちっこさが充分出てないのかな・・・
 セレブな犯人は、プライド傷付けられると、簡単に落ちるんですね。

第29話の「歌声の消えた海」
 手袋の硝煙反応ばかり気にしていましたが。服のは? 船内ではそこまで検出できないから?
 過去の特番でゴム手袋に指紋は残るのか、と言われてましたが。いや、あれはブラフで自白を引き出すための手段だとか。
 コロンボがあまりにも「手袋がないのがおかしい」と犯人にアピールするので、下船間際になって犯人が硝煙反応のついた手袋を準備するのですがね。
 逆に指紋で見破られて「なぜそんなことをしたのか」と問い詰められて、そこで自白に至るという。
 「なぜって、あんたがあまりにしつこいから、悪戯しただけさ」とか言わないのですか~
 ・・・それやると、潔くないですからね。


 豪華客船内での殺人事件を解決ってので、前に読んだ本を思い出しました。かなり前なんですけど。
 船内での完全犯罪を計画していた男が、名捜査官に間違われ、船内で起きた別の殺人事件を解決することになるコメディタッチの話ですが。
 リドルストーリーみたいで、「偽物の捜査官は本当に事件を解決したのか、それとも単なる偶然か」という謎を残したまま話が終わっているという。
 読者の想像に任せた、余韻のある話で好きでした。

偽のデュー警部 (ハヤカワ・ミステリ文庫 91-1)偽のデュー警部 (ハヤカワ・ミステリ文庫 91-1)
(1983/01)
ピーター・ラヴゼイ

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト

【2009/01/04 19:00】  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  TOP↑  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:  編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。