上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 本日2本目行きます。

 「夏目友人帳」 と同じ原作・制作・スタッフ等による映画です。
 このブログではもう説明不要かもしれませんが。
 毎日映画コンクールのアニメーション映画賞を受賞しています。

 今日の毎日新聞に、選考過程や講評が掲載されました。
 すべての賞について書かれているので、蛍火自体は短いですが。
 でもタイトルはぱっと目に付く感じなので、良かったです。


映画 「蛍火の杜へ」
 第66回毎日映画コンクール アニメーション映画賞 受賞


 受賞時の記事
  → 「蛍火の杜へ」 映画が毎日映画コンクールの賞を受賞
 毎日新聞のサイト(毎日jp)
  → 特集:第66回毎日映画コンクール 選考経過と講評(その2止)
    (蛍火該当分、下の方にあります)




 BD・DVDについては、限定店舗で購入キャンペーン実施中です。
 先着で夏目友人帳とのコラボポスターがもらえます。
 詳細はこちら
  → 蛍火の杜へ アニメ映画公式サイト
 まあでも、店舗によっては既に特典終了表示出ていますね。

蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [Blu-ray]蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2012/02/22)
内山昂輝、佐倉綾音 他

商品詳細を見る

蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]蛍火の杜へ【完全生産限定版】 [DVD]
(2012/02/22)
内山昂輝、佐倉綾音 他

商品詳細を見る
 amazonでは特典つきませんのでご注意を。




 アニメーション映画賞については、応募作品が70作もあったそうで。
 そんなにたくさん制作されていたんですか。
 映画でなくてもOVA等でもいい賞なので、短編も多いと思いますが。

 その中から、アニメ関係受賞2作品以外に24作品を絞り込んで、
 最終的に蛍火と、もう1作品が受賞したようです。
 (もう一つは大藤信郎賞の 「663114」)

 講評は、2011年という年を踏まえて、
 簡潔ですがこの作品の主題を文章化していると思います。
 本当に優しい気持ちになれる作品でした。





 映画館では、人前なので絶対泣いたりしないと思ってたし、そうしましたが。
 一人で文章書いていると、現物なくても視界が歪んでくるので・・・
 というか、自分そうなるのは蛍火だけなので(夏目でもそうはならない)
 ・・・これ以上書くのは無理です。すみませんです・・・


関連記事
スポンサーサイト
  【タグ】 蛍火の杜へ  

【2012/02/04 22:40】  |  蛍火の杜へ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  TOP↑  
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
コメント:
パスワード:  編集・削除するのに必要
非公開: 管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。